更年期障害もがんも怖くない!~最新医療説明書~

医者

様々な箇所を治療できる

悩み

病巣だけを狙えます

放射線治療機器として、注目されているものとしてサイバーナイフがあります。従来のものとの違いは、より正確に病巣にのみ放射線を当てることができるので、副作用を減らす効果が期待されています。狙うことができるということは、それだけ早く治りやすくなっているといえます。脳腫瘍など手術が難しい箇所だけではなく、様々ながんにもサイバーナイフは対応しています。ただし、専門的治療を行っているところにしかないことも多いので事前に確認しておくとよいです。サイバーナイフならば、がんの場所などによってもかわりますが通院治療で対応できるケースも存在しています。日常生活を維持したまま、病巣なくせる可能性はありますので医師と相談してみることも必要です。

体を切らない治療

がんなどの病巣は、手術で摘出する必要がありましたが体の負担を考慮して放射線治療を行う人が増えています。もちろん、がんの状態によっては手術も必要ですが体を切るとなれば、リスクも高くなります。サイバーナイフを利用して治療を受けるならば、できるだけ早めに病院に行くことです。早期に発見できれば、放射線を使った治療方法を提案してくれる可能性が高いです。その際に、サイバーナイフによる治療を受けられるかどうか聞いてみるとよいです。他の病院を紹介してくれるケースもあり得ます。サイバーナイフは、今までよりも病巣にのみダメージを与えますので様々な人が利用可能になっています。体を切らずに済ますためには、早めに医師に診てもらい適切な治療を受けることです。