GBA-SPのリチウムイオン電池交換をしてみた

ゲーム

どうもーほたるびでーす

今回は、GBA-SP(ゲームボーイアドバンスSP)のリチウムイオンの電池の交換について紹介していこうと思いますので、GBA-SPの電池交換でお困りの方は参考にしてください

経緯

久しぶりにGBA(ゲームボーイアドバンス)用ソフトのクロノアヒーローズがやりたくてGBA−SPを探し出し、GBA−SPを起動してみたら、なんと画面が点かない・・・

まぁ当然ですよね、もう何年も充電してないですし(笑)

それで一晩充電してから、もう一度起動したら

問題なく動いたんですよ(よかった~)

しかし、1時間後事件が発生

なんと、電源ランプが赤色になりその後すぐにシャットダウン

・・・・・・

使用されているリチウムイオンの電池(以下電池)について調べてみると

約3時間の充電で、通常は10時間フロントライトを切ると18時間の稼動が可能であると公式では説明されている・・・

ということは・・・なんと電池電池が死んでいた!

早い話が寿命ですね(笑)

GBA−SPは2003年2月14日に発売されたハードなので

今年で17年目ということになります

そういわれると電池がお亡くなりになっててもとくに不思議じゃないですね

こんな感じでなんとか普通に遊べるようにするために、電池交換にいたりました

使用したバッテリーパック

今回のGBA−SPについては現在、任天堂のサービスが終了しているため、Amazonさんでこちらの交換品をぽちってきました

他にも似たような商品がありましたが、これを選んだ理由は

一緒に付属されているミニドライバーの存在でした

GBA-SPの取り外しネジがなかなか小さく、家にあるドライバーだと上手く外せなかったので、このセットはありがたいとなりました

今回紹介しているリチウムイオン電池は、メーカーの正規品ではないため交換実施される方は、自己責任でお願いします

バッテリー交換の流れ

それでは、実際のバッテリー交換の流れについてですが

バッテリーフタ部分のネジさえ取れれば、作業自体は一分もかからないと思います

1 まず交換する新しいバッテリー用意します

2 GBA−SP裏面のネジを外しバッテリーフタを開けます

※ この時ネジ穴が汚れていたりしてドライバーが上手く入らないときは、軽くネジ周りを掃除してから外してください。無理やり回そうとするとネジ穴がつぶれる可能性があります

3 古いバッテリーを取り出し、交換品と差異(大きさの違い等)がないか確認します

4 3で問題なければ新しいバッテリーを本体にセットしフタを閉め、ネジで止めてください

5 GBA−SPの電源を入れて問題なく起動すれば完了です

※ 古いバッテリーの廃棄方法については燃えないゴミ等に出さず、家電量販店等にあるリサイクルボックスを利用してください

燃えないゴミ等に出してしまと火災の恐れがありますのでくれぐれも注意してください!! また自宅において置くときも、水気のある所は危険ですので保管場所に注意してください!

最後に

今回は以上となります

約20年前のハードですが、非正規品でいろいろ交換品があるところをみると少なからず需要があるみたいでゲーマの自分としては嬉しいですね

新しいものばかりじゃなく、たまには昔のゲームに触れて懐かしい思い出を振り返ってみるのもいいものですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました